2009年08月10日

ごぶさたインプ

jk_eternal_chain01.jpg

Prelude
[名] 1 (出来事等の)前ぶれ、前兆. 2 (...の)準備行為、前口上. 3 前奏曲、プレリュード
Interlude
[名] 1 合間, 幕間(まくあい);(2つの事件の)間の出来事, エピソード. 2 幕間狂言;(幕間狂言から発生した)初期英国喜劇;(一般に)幕間演芸, 幕間の余興. 3 間奏, 間奏曲.
Coda
[名] 1 《楽》(楽曲・楽章などの)最終部分, 終結部. 2 (小説・戯曲などの)結末, しめくくり. 3 《声》結び子音. [イタリア語←ラテン語cauda(尾)]

で、分けられる4部構成。

そしてEternalChainは完成する。

1部から
Landscape:動画を先に見ていたこともあり一番印象に残る曲です。
petterisariola風味付けがされた押尾節の効いた曲に仕上がってます。

Road Goes On:メロディが心地よく耳に届きます。
どこか「あの夏の白い雲」的な絵が浮かんできます。とても爽やか。

Always:だれが付けたか「黄昏系(爆)」
アタック音が切なく響きます。

2部から

Snappy!:きました!ライブのために作られたと思われる1曲(笑)
これで盛り上がらないわけはない。
要練習な。

旅の途中:ライブDVDのエンディングロールを見ているような不思議な感覚にとらわれました。この曲意外と素敵だぞ。

3部から

楽園:3、4弦あたりのハイフレットで奏でるメロディは実は大好きです。
押尾を知るまで考えたこともなかったメロディの取り方です。

日曜日のビール:ビールってタイトルについてるだけでご飯3杯は食べられます(爆)
みなさんあちこちで言っておられるようにジェイクシマブクロ氏のにおいが満点。

さいご4部から

絆:確かにバラード予想してました。でもいいじゃないですが、明るくて、楽しくて。押尾さんが私らを大切にしてくれていることがよくわかるってなもんです。

Earth Angel:今回唯一とも言える押尾バラード。うん、これ殿堂入り。
「地上の天使」ってすべての子供たちに贈りたい。

ハピネス:どこかタイアップにしてくれないだろか。とてもかわいい曲。
正直さいごにくる曲かどーかは置いといて(爆)

でもってトータルで。

今回カバー無しのフルオリジナルアルバムとしてはものすごく気に入ってます。
初期の押尾に回帰しつつも、奏法、多重撮り、エフェクトの多様。などなど。
ライブとは違うアルバムだからこそ出来ることややれることもあると思いますので、きっと押尾さんも作ってて楽しかったんじゃなかろかと(笑)

いろんなことにチャレンジしつつ、とても聴いてて楽しませてくれるアルバムになっていると思います。

「この曲、ライブでどうするんだろう??」とか。
おそらくステージでは全く違ったアレンジで私たちを楽しませてくれるでしょう。

とにかくこのアルバムを手みやげ代わりのツアーがとっても楽しみですね。
押尾さんに拍手っ!
posted by アコギ父さん at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙です〜
これわ不思議な魅力のあるアルバムですよ。
ここまで聴き込む事、押尾アルバムで始めてかもしれない・・・
私は前半派かな?
>Always:だれが付けたか「黄昏系(爆)」
俺が(ry 

>旅の途中
実は↑の次にオキニ。
さびが謳えるんだよね〜
「タ・ラ・タッタッタ〜」てね。
歌詞付けケテーイ(激爆)
Posted by ★ at 2009年08月11日 16:47
 久しぶりです。まったくの同意ね。
 ランドスケープっていうタイトルどおり
 広大な景色が見えてきますよね。

 ボクはこれコピー決定です、たぶん。
 ちゃお!
Posted by JOE at 2009年08月12日 21:01
お元気にしてますか〜?ご無沙汰してます。

Eternal Chain、いいですね!
最初は把握しきれませんでしたが、じっくり聞くと、押尾節のいい曲が沢山。

多重録音多用してますが、ライブはどうしますかね?
録音使って、ステージでも「多重」でやる、なんてのも期待しちゃいますが。ないかなあ?

例によって・・・はやく楽譜出して欲しいな〜
Posted by kazuogu at 2009年08月20日 00:10
まとめレスですいません(笑)

ヘビロテ中ですけど、聴けば聴くほどいいですねぇこいつ。

コピーしたい曲はたくさんあるけれど、
しばらくはタジマジでがんばってようっと(笑)
Posted by mas830 at 2009年08月20日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125433535

この記事へのトラックバック